九 州 農 村 医 学 会 規 約
(名  称)
第1条  この会は九州農村医学会と称し、事務所を理事長の指定する施設または機関におく。
(目  的)
第2条  この会は、九州地区の農村の実態に立脚して、農村社会の医療と保健・福祉に関するすべての問題を調査研究し、その健全なる向上・発展に努めることを目的とする。
(事  業)
第3条  この会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。
1.農村における保健・医療・福祉に関する調査研究 
2.学術集会ならびに学術講習会の開催 
3.前各号に必要な印刷物の刊行 
4.その他目的達成に必要な事業  
(会  員)
第4条  この会の会員は次のとおりとする。
個人会員  この会の趣旨に賛同する個人
団体会員  この会の趣旨に賛同する施設または団体
        但し、団体会員である施設・団体に所属する医師およびこの会の役員は個人
        会員とする。
名誉会員  この会に対し、特に功労のあった者で、理事会で推薦し総会で承認された者。
        名誉会員は、理事会および評議員会に出席し意見を述べることができる。
(役  員)
第5条  この会に次の役員をおく。
理  事   20名以上25名以内
        うち理事長および副理事長を含む
評 議 員   40名程度
監  事   若干名
(役員の選任)
第6条  この会の役員の選任は次により行う。
1.理事および監事は、評議員会で選任し、理事は互選で理事長および副理事長をさだめ総会の承認をうるものとする。
2.評議員は、理事長が推薦し、総会の承認をうるものとする。 
(役員の任期)
第7条  この会の役員の任期は2年とする。但し、再任を妨げない。
補欠による役員の任期は前任者の残任期間とする。
(役員の職務)
第8条  理事長は、この会を代表して会務を統括する。副理事長は、理事長を補佐し、理事長に 事故あるときは、その職務を代行する。
 理事は理事会を組織し会の運営について協議し、会務の処理執行にあたる。
 評議員は、評議員会を組織し総会に提出される議事の審議を行うほか、理事および監事の選任ならびに理事長の諮問に応じて理事長が必要と認めた会務の重要事項について審議する。
 監事は会務を監査し、総会に報告する。
(顧  問)
第9条  この会に学術顧問と組織顧問をおくことができる。顧問は評議員会で推薦し、理事長の相談に応じ会の運営に参画する。
(幹  事)
第10条  この会に幹事を若干名おく。幹事は理事長が指名し、理事会の承認を得て選任する。
幹事は本会の運営についての企画立案と各県内の連絡・調整を担当する。
(委 員 会)
第11条  本会に学術委員会、編集委員会を置く。必要に応じてその他の委員会を置くことができる。各委員会の長は、理事長が推薦し、理事会の承認を得ることとする。
 各委員会の運用内規については別に定める。
(総 会)
第12条  定期総会は毎年1回理事長が召集して開催し同時に学術総会を行う。また必要に応じて 臨時総会を開催することができる。
(総会・学会の議長および学会長)
第13条  総会の議長はその都度会員から選出し、学会長は評議員会で選出し総会の承認を得る。
第14条  この会の会議は理事会、評議員会、監事会および幹事会とする。
(部  会)
第15条  会員は職種別に部会を設けることができる。但し部会の設置は理事会の議決による。
(事務局)
第16条  この会の会務を処理するため、事務局を設け事務局長および事務局員をおく。事務局長および局員は理事長が委嘱する。
(経費・会費)
第17条  この会の経費は会費、寄付金、助成金、その他収入をもってこれにあてる。会費は総会でその額を決定し、毎年徴収する。
(会計年度)
第18条  この会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
(入会・退会手続)
第19条  この会の会員になろうとする者は、会費を添えて入会届けを理事長に提出しなければならない。
 会員で退会しようとする者は、理事長に退会届けを提出しなければならない。
(規約の変更)
第20条  この規約は総会の議決を経なければ変更することができない。

 
附  則
1.この規約は平成3年5月11日から実施する。
2.この規約は平成11年7月3日から改正実施する。
3.この規約は平成12年7月1日から改正実施する。
4.この規約は平成18年7月15日から改正実施する。
トップページに戻る